連結工事完了 売電開始

連結工事終了が終わり 売電が始まる



住宅用太陽光発電システム工事から待つこと数週間、やっとで連結工事が完了した。

売電の契約を電力会社と交わす。

約10kwの太陽光システムなので、使用するほうの契約も10kwにしなければならない。

昼間は電気代の単価が高いが、発電した電気から使用し、余った分を売るということなのでおトクです。

厳密に言うと売る単価の方が高い(10年間固定価格)のでおトクでもなんでもない。

使わないで売ったほうが得なのだ。

売電単価が少し下がるが10kw以上のシステムを屋根に載せて産業用で契約したほうが、20年間固定価格で全量売ることができる。

欲を言えば夜間の単価の安い電力を充電し、昼間使うことができれば最高なのであるが、蓄電システムはめちゃくちゃ高いし設置したらダブル売電扱いとなり、売電価格が下げられる。

日産リーフはその扱いになるのかな。(リーフの蓄電池で家庭用の電力使用ができる。停電など緊急時のみかもしれない。詳しくは知らない。)

電気自動車はまだまだ充電設備の普及が遅れているので、近場の使用ならいいが遠出や旅行などでは不安がある。

トヨタプリウスハイブリッド所有でダブル売電扱いされないのであれば、買いだと思う。(プリウスハイブリッドの蓄電池での家庭の電力使用ができるかどうかは知らない。夜間充電するとおトクなのは何となくわかる。トヨタホームのCMかパンフレットで見たような見てないような。)

蓄電池で家庭電力使用ができないのであれば普通のプリウスのほうがいいというかいらない。(燃費(燃料代)と車体価格のバランスが良ければ欲しい。蓄電池の修理や寿命交換でめちゃくちゃ高くつくらしい。)

リーフに比べプリウスハイブリッドならガソリンとの併用なので旅行や遠出でも安心。(災害時家庭用電力として電気が使える車前提で。)



今までは同時にいろいろな機器を使うとブレーカーが落ちたが、今後は今までの倍以上同時に使ってもブレーカーが落ちない。

気付かないうちに電気の無駄使いをしてしまわないように気をつけたいところだ。

エコキュートの効果も期待したい。

IHクッキングヒーターはガスに比べて火力が弱いなどと聞くが使ってみてレビューしていきたいと思います。

エコキュート+IHクッキングヒーター と 灯油燃焼式給湯器+ガスコンロ(プロパン)の比較などもしていきたいと思います。

プロパンガスの基本料金は浮くが、燃料代が電気代と比較してどうなのか。

たくさん発電してもらって早くシステム代金を回収して利益を産むことを期待する。(自分の利益にはならないが。)



電力会社との契約も終了した。

補助金などシステム設置関連の申請なども△△株式会社で代行してくれるので、送られてきた申請用紙に記入・捺印して送り返す。

地元自治体の補助金については△△株式会社の支店がこちらにない為、対象にならない。

△△株式会社は全国各地の主要都市に支店があるので、支店のある地域の方は自治体の補助金ももらえます。

ちょっと損した気分。



売電開始から各種書類が揃って工事で指定した内容の記録などを整理していた際、ふと○芝太陽光パネル出力対比表(各パネルの点検時の出力を記録したもの)に目をやるとパネルの製造番号の末尾4桁が同じものがあった。(末尾以外は全く違う。)

一枚はパネル全体から見て中央付近に指定、もう一枚はダミー用の位置に指定していた。

嫌な予感がしたのでダミーパネルの製造番号を見てみた。(携帯電話に棒を付けてカメラで動画撮影を開始し、パネル下にもぐらせて番号を録画した。)

嫌な予感は的中した。

まさに指定した場所の逆に取り付けられていたのだ。

(全体の中央付近に指定したパネルをダミーの位置へ取り付け、ダミーの位置へ指定したパネルを全体の中央付近へ取り付けられていた。)

末尾4桁だけの確認でやってしまったのがバレバレだし、結果オーライではなかった。まさに詰めの甘い職人集団だった。

感が良ければダミーの番号確認の時点で気付きやり直しするだろうが、その時点でも気付かない程度の確認作業だったのだろう。

ダミー位置から2枚下の位置なのでパネル設置作業中ならばそれほど困難な入れ替え作業ではなかったはずなのである。

一生懸命やってくれたのはありがたいが、こちらの意図していることをこなせないのは金を貰って誇りを持って仕事をする職人とは言えない。

もう工事は終了してしまって、こんな事の為にやり直ししてもらうわけにはいかないので諦めるが、何の為に各系統の総出力が均等になるように計算して指定したのか意味がなくなってしまった。


おかげでシステム接続の10年保障の記載番号とシステム搭載外のメーカー保障の記載番号が入れ替わった状態で保証書が出来上がっている。


工事の後からもこんなことが見つかるなんて非常に残念な仕事をしてくれる気持ちのほうが上書きされていくのが残念だ。

一人ひとりは決して悪い職人ではない印象なのだが集団になるといろいろとこちらの意図していないことをやってくれる。
トップページ(記事一覧)に戻る