住宅用太陽光発電・オール電化 工事の途中経過

工事の進捗状況



太陽光パネル搭載できる状態になってからパネルが届いた。

とりあえず設置は待ってもらい、製造番号を控えて教えてもらう。

その番号を元にパネル固有の出力値を教えてもらうよう連絡する。

出力値がわかるまでの間、配線関連や配管関連の作業を優先してもらい、パネル設置を遅らせてもらっている。

エコキュートのタンク設置後、水道を最大水量で流しっぱなし、かつそのまま全量排水されている状態で作業員が昼食に行っていた。

気付いたのが遅く彼らが現場を離れてから1時間以上過ぎている。

何時間前からこの状態だったのかわからないが、無性に腹が立った。

携帯に電話を入れ、この状況を説明し、止め方を教えてもらい止めた。

人の家の水道代を無駄に上げてうれしいのか?

嫌がらせでやっているのか、プロとしての自覚がないのか、あほなのかわからないがありえない事態が起こっていた。 

エコキュートの新規設置時、タンクの洗浄を兼ねて一度水を満タンにし、排水する工程はあるが、タンクに貯めず水量最大で垂れ流す工程などはない。

彼らが現場を離れた時間から自分が気付くまでの時間が1時間。その前からやっていたとすると数時間最大水量垂れ流しされている。

◇◇システム株式会社に直接工事依頼していたら何をやられていたかわからない。

希望通りいい仕事をしてくれる人もいるのに台無しにしてくれる。

いい仕事をしてくれる人の仕業とは思いたくない。

内心腹黒い部分を自分は見ているが、親は何も知らず調子のいい世間話などしながらお茶や菓子を出している。

△△株式会社の下請けとしての実績も評価も営業担当からいいと聞いていたので非常に残念な気持ちになった。

そんなこともありながら工事は進む。
トップページ(記事一覧)に戻る