ネットで太陽光発電の安い業者を探す

最安値を謳う太陽光発電業者



太陽光発電 安い などと検索するといくつかの業者が出てくる。

太陽光発電関連の検索をしていると出てくる広告もそれ関連のものが出てくる。

業界最安値を謳っている業者がいくつかあった。

とりあえず電話して聞いてみると電話では詳細が答えられないというところがほとんどだった。

自社より安い見積もりがあれば更に値引きしますという業者もある。

比較してみたいので数社に見積もりをお願いした。

10KWぎりぎりの線は決まっているが、パネルメーカーが絞り込めなかったので数プランお願いした。

取り寄せた見積もりを比較して最安値に近いところに絞込んだ。

そして電話で工事内容について価格上乗せなしで、こちらの希望に沿ってくれるか等を相談してみた。

業者の設定した内容じゃないとダメというところは安くても却下した。

太陽光発電 失敗 や トラブルなどで検索するといいかげんな工事をする業者が沢山あるからだ。

そして△△株式会社に絞り込んだ。




△△株式会社の見積もり



最初の見積もりから何度も訂正してもらいました。

最終見積もり

○芝太陽光発電システム9.84KW オール電化(○芝エコキュート、パ○ソニックIHクッキングヒーター)等一式  4,152,440円

まだ高いと感じるかもしれませんが、積雪仕様プラスアルファのアレンジした部材込みです。

工事内容についても標準のものでは心配がある内容については、こちらの希望の施工内容にしてもらっています。

例えばエコキュート本体の足場(土台)は標準ではコンクリートブロックの上に置くだけのところを家の基礎につながるようにアンカーボルト・鉄筋組み(ワイヤーメッシュ)込みのコンクリート打設。
配管の地中埋め込み、凍結防止ヒーター、電気配線取り回しの指定(標準より配線が長くなるし屋根裏の作業効率を度外視)などもろもろ。

太陽光発電部材についても標準の積雪仕様部材より部品点数が多い仕様にしてもらったり、2台目のパワーコンディショナーを4.0kwのものを
5.2kwに変更など、かなりこだわったものになっています。(最初の見積もりのシステム設計より大幅設計変更。その分見積もり価格(部品点数増加など)は上がりました。)

この内容でこの値段だったらというところまでとことん値切りました。

安かろう悪かろうで後悔したくなかったので工事内容もこだわった指定をさせてもらいました。(工事の失敗例や手抜き、不具合などの口コミや評判などのネット情報を参考にしました。)

これらを受け入れてもらえなかったら太陽光発電工事をやらなくてもいいやというくらいのつもりで交渉しました。

ネット通販の方が安く買える物は外してもらい、自分で購入することにしました。
(IHクッキングヒーターの据置用枠、エコキュートヒートポンプ用架台 など。)

重複する内容もあるかと思いますが、後日その詳細を書きたいと思います。
トップページ(記事一覧)に戻る