遮熱塗料の効果と太陽光パネルの直射日光遮断効果について

真夏の室温



35℃を超えている。

エアコンは使用していない状態。

日よけスクリーンで窓の直射日光も遮っている。

窓を開けると、暑い空気が入ってくる。

日が当たる窓を閉め、日陰になっている窓を開け、出来るだけ涼しい風(空気)を取り込むようにしているが、暑い。

部屋でこの暑さなので、屋根裏はサウナ状態。


遮熱塗料



キチンとカンペハピオ 油性シリコン遮熱屋根用専用下塗り剤を塗ってから、カンペハピオ 油性シリコン遮熱屋根用塗料を説明書き通り2度塗りしているが、それほど効果が認められない。

塗っていなかったらもっと暑くなっているのかもしれないが。


太陽光パネルの効果



太陽光パネルが直射日光を遮っているので暑くなりにくいと太陽光発電システム導入検討している時に聞いたが、効果はあるのか。

実際、直接屋根に直射日光が当たる面積は半減しているし、太陽光パネルの下にも隙間(空間)があるので熱せられた空気はパネル上部から排出されているはずだ。

太陽光パネルが無かったらもっと暑くなっているということなのか。


対策を考える



エアコンを使用したところでその部屋以外暑くて家全体を冷やすことが出来ない状態なので、家全体の対策として考えたい。

お金さえかければいろいろできる。

1、地下の温度を利用する装置



新築だったら空気取り込み口から地下に空気を通して各部屋に導入する装置がある。
これは地下(地中)の温度が一定で夏は涼しく冬は暖かいようだ。(冷房・暖房ほどではないが外気と比較して心地よい温度らしい。)

敷地内に数メートルの穴を空けてその装置を埋め込むなんて事は無理なので(新築なら家の基礎部分の下に埋め込む設計。)、考え方だけ参考にする。

1Fの床下(基礎部分)の温度が涼しいのならそこから空気を取り込めば涼しくなるのではないか。

実際後付けで空気ダクトや送風装置をつけるのも簡単ではないので保留する。

2、屋根裏に換気扇をつける



できれば、日陰側に涼しい空気取り入れ用の換気扇、日光の当たる方角に空気排出用の換気扇を付け、同時に運転して強制的に効率よく空気を入れ替えしたい。

電気の配線や壁の穴あけ、換気扇の取り付けなどかなり面倒臭いので保留。

3、夏は暑いものだと諦める



大都会と違って夜中は冷えてくれるので夜中から朝方には快適な温度になります。(窓を開けっ放しの状態で。)

我慢できないほどの時期は1・2ヶ月。(実際我慢しているのだが。)

エアコンもいいのですが、エアコンの効いている部屋から他へ移動したりした際の急激な温度変化で余計に体調がおかしくなる場合があるので一箇所だけ快適ならばいいという現状をどうにかしたい。


なにかいい方法はないものか。

余った太陽光パネルの電力を夏場の冷房や送風に利用できれば(冬は暖房や融雪に利用)と考えているのですが、何もできておりません。

また追記すると思います。











トップページ(記事一覧)に戻る