東芝 住宅用太陽光システム部材、設計・構造の欠陥について

雪害修理の際、その当時はベストを尽くしたと思って満足していた。 軒側の縦桟の数を増やし太陽光パネル固定点も増え、積雪の重量分散も以前よりできているので完璧だと思っていた。 太陽光パネルの中央部にも縦桟を追加したことで、雪害で大きく歪んだ太陽光パネル枠の弱かった中央部分の補強ができた。 太陽光パネルの淵(隣り合わせ部分も含む)に縦桟を追加したことで重量分散と軒カバーの両端固定もできている…

続きを読む

太陽光パネルの除雪④

太陽光パネルの除雪 夜の間に積もった数センチの積雪。 翌日晴れたので放置してもおそらく当日中(1日中日差しが強い場合)か数日中(当日及び翌日曇ってきたりして強い日差しが長時間見込めない場合)に融けてしまうだろうが、融けるまでの間の発電量がほぼ0で勿体無いので除雪した。 除雪前にすでに一部融けている。 ここに日光が当たれば系統全体(雪の乗っているパネルにも)電流が流れて…

続きを読む

太陽光パネルの除雪③

太陽光パネルの除雪 今回の積雪で画像を撮りながら除雪したので載せたいと思います。 ビデオカメラがあれば動画で撮りたいけど持ってない。 数日前から少しずつ積もった雪だが、晴れ間(日差し)が無かったのでじっと我慢。 発電量0を早く解消したいが安全第一。 数センチの積雪ならば翌日晴れれば自然に溶けるが、数日間の積雪で自然に溶けるのが見込めない場合に除雪する。 昼過ぎに少し日…

続きを読む

太陽光パネルの除雪②

除雪道具② T字型の伸縮棒が付いた雪落とし道具だけでは大量の積雪の場合に作業効率が悪く時間がかかる。 急な天候悪化などで作業を中断せざるおえなくなると、後日さらなる悪条件が揃った状態の積雪を処理しなくてはならなくなる。 悪天候が続いてもどんどん積雪の状態は雪下ろしをするには悪条件が揃った状態になるし、時々晴れ間が差しても積雪下の氷が厚くなり条件は悪化する。 打開策…

続きを読む

雪害による破損の修理完了

部材の調達 ダミー部分に取り付ける太陽光パネルを探しながら土台の延長なども検討していたが、なかなかいいサイズのパネルが見つからずにいた。 ただサイズが大きいだけなら無理やり取り付けても横幅がダミー部分だけはみ出す状態になるだけなので妥協できる。 しかしパネル枠の高さが現状の○芝のものより低いのばかりでパネル押さえ金具がそのまま使えないばかりでなく、そのパネル用の押さえ金具で固定…

続きを読む

トップページ(記事一覧)に戻る