雪害による破損の修理方法の検討

修理方法 ①見積もり通り交換修理 少しでも破損やゆがみなどの見つかった部材全てを新品に交換する。 ②必要最小限の部材のみ新品交換 少しのゆがみなど修正できるものは直して使用する。 よくよく考えてみると、一番上に設置してもらったダミーの太陽光パネルをそっくりそのまま破損したパネルと入れ替えればいいだけなのだ。 当時の価格で買ったので今回の見積もりの価格よ…

続きを読む

雪害による破損の修理見積もりと検討

修理見積もり 少しの破損部品も含めた見積もりをお願いした。 工賃込みで511,469円 内容を見てみると導入当時よりパネル代金が安くなっている。 やっぱり導入を遅らせると全体のシステム単価が下がるから売電価格も下げられていることがよくわかる。 どのバランスの時に導入するのがベストなのかは後になってみないとわからないが、やっておけばよかったと後悔しても遅い。 過…

続きを読む

雪害による太陽光パネルその他の破損

太陽光パネル・縦桟(縦ラック)・軒カバーの破損 太陽光パネル 軒側一番下のパネル3枚が破損した。 下端の枠が大きく歪み、ガラスにヒビがびっしり入っている。 ヒビが細かいので離れて見ると白く濁ったように見える。 一応発電はしているが、出力はかなり低いと思われる。 車のバッテリー(車搭載状態ではなくバッテリー単体)への充電など再利用する時に…

続きを読む

エコキュートについて 失敗したと思うことなど

TOSHIBA HWH-F461SCNについての不具合など エコキュートの主流はマイコンによるフルオート制御で夜間の安い電力を利用して運転するのでおトクです。というもの。 数ヶ月使っているうちに昼間に運転している事に気付いた。(偶然見た時に運転していた。数回は様子を見たが、結構頻繁に昼間運転している。) 説明書には湯量が一定以下になると追い炊き運転すると記載がある。 しか…

続きを読む

電圧上昇による出力抑制について

出力抑制 発電のピーク付近で出力抑制のアイコンが頻繁に出ている。 最大発電量が10Kwhを超えているのならば仕方ないとも思えるが、6とか7Kwhの発電量なのに抑制されている。 東南向き斜面なので午前に最大発電のピークがくる。 出力抑制のマーク(太陽光発電モニター)が出ている間、発電していても送電されず売電できていない状態なのでかなりのチャンスロスとなっている。 電圧…

続きを読む

トップページ(記事一覧)に戻る