太陽光パネルの除雪④

太陽光パネルの除雪



夜の間に積もった数センチの積雪。

翌日晴れたので放置してもおそらく当日中(1日中日差しが強い場合)か数日中(当日及び翌日曇ってきたりして強い日差しが長時間見込めない場合)に融けてしまうだろうが、融けるまでの間の発電量がほぼ0で勿体無いので除雪した。

太陽光パネル雪おろし16.JPG

除雪前にすでに一部融けている。
ここに日光が当たれば系統全体(雪の乗っているパネルにも)電流が流れて発熱し、少量の雪なら融ける。(時間がかかるが。)
しかし中途半端に融けて夜間に氷になってしまったり、さらにその上に積雪したりすると除雪しにくい状態の雪になる。

太陽光パネル雪おろし17.JPG
除雪前の画像。

太陽光パネル雪おろし18.JPG

積雪量が少ないのとさらさらの雪の為、除雪は楽ちん。

太陽光パネル雪おろし19.JPG

あっという間に終了。

太陽光パネル雪おろし20.JPG


パネル間カバーとサイドカバー。



太陽光パネル 間カバー・サイドカバー.JPG

この間カバーのおかげで除雪道具のひっかかりが無く、除雪しやすい。(と信じている。)自然融雪・落下にも効果がある。(と信じている。)
サイドカバーについては屋根面までの高さとパネルフレームをカバーする大きさがいいのだがそんなものはない。
アルミ板や樹脂板を切り出して作れないことは無いがそこまでの情熱が湧かない。(理由はそもそもの始まりから来ている。)
現在付いているものは飾り程度で機能的には意味を成していない。

太陽光パネル 軒カバー.JPG

棟側にも軒カバーを付けている。
理由などはこだわり部分の記事などで書いたと思う。

太陽光パネル雪おろし道具1.png