2019年問題 7L101 9.84kw DAMAGE DIY FIT終了 FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度) HWH-F461SCN IHクッキングヒーター INAX KVK LIXIL NEC NEC 7L101 NEC照明器具 7L101 panasonic Photovoltaics SANEI Solar photovoltaics TOSHIBA toto こだわり ざっくり・雪切くん にこ太郎 アルミ 雪崩・つらら落し アルミ雪崩つらら落し アルミ雪崩・つらら落し アルミ雪崩・つらら落とし エコキュート オプション オール電化 カクダイ カバー カンペハピオ カートリッジバルブ キャップの脱落・紛失 グロー球 グロー球の風化 コンパル サンヨー システム導入代金 システム構成 システム詳細 シミュレーション シングルワンホールスプレー混合栓 キッチン用 シーリングライト スクリーンの脱落 セキノ興産 ソーラープレミアム ソーラー・プレミアム タカショー トラブル防止 ハーフオート パッキン パナソニック パナホーム パワーコンディショナー パワーコンディショナー設定変更 フルオート ペンキ塗りの下処理 マイコン制御 ミズタニバルブ工業株式会社 ル・ソレイユ ワタナベ工業 省エネ日差し対策スクリーン ワンホールシングルレバー式 混合栓 不調 交換 伸縮式雪おろし棒 伸縮式雪切り棒 住宅用太陽光発電 住宅用太陽光発電 失敗 修理 修理代金 修理完了 修理方法 円盤型シーリングライト 出力抑制 出力抑制対策 加工 加工 改良 DIY 原因 受給電力量 固定買取終了後 売電利益 売電累計 売電記録 太陽光パネル 太陽光パネル 除雪 太陽光パネルの遮熱効果 太陽光パネル融雪 太陽光パネル除雪 太陽光発電 太陽光発電 オプション 太陽光発電 失敗 太陽光発電の下準備 太陽光等受給電力量 失敗・損害例 契約 家庭用太陽光発電 家庭用太陽光発電システム 対策 屋根のペンキ塗り 屋根・太陽光パネルの除雪 屋根・太陽光パネルの除雪道具 屋根・太陽光パネルの雪下ろし 屋根・太陽光パネルの雪下ろし道具 屋根傾斜角度 屋根除雪 屋根面方角 工事の進捗 工事内容 工事延期 工事終了 工事開始 工法 年間売電量 引込み線 引込み線交換 影の影響 手動 手抜き工事 打ち合わせ 接触不良 改良 改造 日よけスクリーン 昇圧ユニット 最安値 東芝 東芝  架台 検討 構造 欠陥 比較 比較検討 水漏れ 水道水の汚染 油性シリコン遮熱屋根用塗料 油性シリコン遮熱屋根用専用下塗り剤 注意書き 洋風すだれ 深夜電力 火災保険 照明器具 照明器具の紐が切れた 発電量シミュレーション 直列・並列 組み合わせ 破損 破損パネルの利用方法 積雪 積雪仕様 積雪地域 立地環境条件 系統・直列・並列 紐が切れた 組み合わせ 耐加重増強 蛇口内ヘドロ 蛍光灯 融雪 補修 補助金 補強 見積もり 設計 設計変更 遮熱塗料 遮熱塗料効果 部屋照明 部材 除雪 除雪 雪おろし 除雪道具 除雪道具の改良・加工・DIY 雪おろし道具 雪かき棒 雪の影響は考慮されていない 雪切り 雪切り棒 雪害 雪害修理 雪止め撤去 電力会社連携 電圧上昇 電圧上昇による出力抑制 電気使用量 風で壊れる

伸縮式雪切り棒の加工・改良

2018/06/10 18:52
コンパル ざっくり・雪切くん(メーカー名 商品名)を太陽光パネルの除雪仕様に改良する。 分解工程 先端の雪切りするポリカーボネート部品と棒の固定用ネジ部分は蝶ネジ・六角ボルトとナットでの取り付けなので簡単に外せる。 持ち手ポールの雪切り部品と逆側に付いている持ち手兼カバー(紐などを付けたりフックに引っ掛ける為の輪がついている持ち手の樹脂)は、ドライヤーで暖めただけでは緩まなかったので、暖めながら小さめのマイナスドライバーを境目に突っ込み、徐々にアルミ..

続きを読む

伸縮式雪おろし棒の加工・改良

2013/06/10 20:46
コンパル アルミ雪崩・つらら落し(メーカー名 商品名)の不具合解消と太陽光パネルの除雪仕様に加工・改良する。 不具合の発生 1シーズン使ってみて、思わぬ事態に遭遇した。 棒を伸ばして使っていたところ(伸ばす目安の位置にテープで目印があるのでその範囲内で)、何度かすっぽ抜けることがあった。 固定ネジをしっかり締めていたが、温度低下によるアルミの伸縮なのかわからないがとにかくすっぽ抜けた。 残った雪に先端と内側の棒だけの部分が刺さって、手には..

続きを読む

工事のキャンセル 延期

2012/01/31 19:15
積雪の為、仮予約していた工事日程をキャンセル・延期。 案の定、積雪が溶けることがなく仮予約していた日程では工事が出来ない状態になった。 他の工事でのパネルの到着が遅れているらしく、一旦置いていった太陽光パネルを引き取っていった。 積雪をどかしてブルーシートをよける。 ブルーシートのおかげでパネルの入っているダンボールはほぼそのままの状態だった。 ブルーシートをかけていなかったらぶよぶよになったダンボールに入った太陽光パネルを他の現場へ持っていくこ..

続きを読む

住宅用太陽光発電システムにおいて こだわった部分など

2011/10/11 01:24
こだわりの設計・工事内容など まず、屋根の傾斜の向きが東南で傾斜が緩い立地上にパネルを載せることになるので自分で雪下ろしする必要がある。 太陽光パネルが載っていない今までの冬の屋根の状態・経過を考慮すると自然に溶け落ちることは期待できない。 放っておいたら最悪冬の間(12月中旬~3月下旬)発電0ということもありえる。 南向きで傾斜が強ければ自然落下も期待できるのだが。 残念ながら向きも傾斜も理想的ではない。 標準の積雪仕様では縦方向に連続し..

続きを読む

住宅用太陽光発電システム導入にあたり いろいろ調べたことなど

2011/09/20 20:25
積雪地域の指定 近年温暖化により昔と比べて降雪量が少なくなっていると感じている。 昔の積雪の高さと近年と比べると明らかに少ない。 昔は積雪の下の部分が溶け出したものがつららになり、あちこちで太いつららを見ることができたが、最近では細いつららもあまりみることがなくなってきている。 (住宅事情の違いもあるだろうが。) それはさておき、建築基準法で垂直積雪量の値によって積雪地域とされる地域の工事では積雪専用部材を使わなければならない。 ちょっと違うかもし..

続きを読む

もっと見る

トップページ(記事一覧)に戻る